booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのこのコーナー、今回は子音「D」の発音です。

何の変哲もないこの「D」ですが、語尾に来た時に発音が変わります。

例を挙げると、「Madrid」の発音を日本語で書くと「マドリッ」となりますが、この時、語尾の「D」の発音が、英語の「th」と同様、舌を噛んでの発音となります。つまり、「マドリ」。実際には、ほとんど聞こえません。

ニュースなどで、よくサッカーチームのレアル・マドリッドの「マドリッド」を「マドリー」と表記していますよね?これは恐らくこの発音から来ているのだと思います。

例)navidad(クリスマス) actitud(態度) quietud(じっとしていること)

ではでは。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スポンサーサイト
ハイ、お待たせしました。今回はスペイン語の子音第2弾「C」です。その発音は、組み合わさる母音によって2つのグループに分かれます。

その1 「CA」「CU」「CO」は「カ」「ク」「コ」です。
例)chica(少女) Cuba(キューバ) coco(ココナッツ)

その2 「CI」「CE」は「シ」「セ」です。
例)cita(約束) cena(夕食)  

このとき、「シ」「セ」は英語の「th」の発音と同様、舌を噛んで発音します。「th」ほど強く噛んで発音する必要はありません。

注)ただし、中南米では英語の「S」と同じ発音になります。


今日はここまで

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif








今日はスペイン語の子音について説明したいと思います。頭に入れておきたいのは、スペイン語といっても地域によって多種多様であり、例えばメキシコとスペインで話されるスペイン語の発音は異なります。スペイン国内でも、各地方によって発音は違うのです。

日本語に無い子音「V」ですが、英語では下唇を噛んで「ヴィー」と発音しますよね。スペイン語では「B」と同じで、その必要がありません。発音するのは簡単ですよね。でも、困った事に、聞くだけではその単語のスペルが分からないという現象が起こります。

正式には「B」は「ベー」、「V」は「ウベ」と発音します。


今日はここまで

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif







このコーナーでは、スペイン語の発音についてできるだけわかりやすく説明できればと思います。

今日は母音です。スペイン語の母音は日本語同様「a、e、i、o、u」の5つしかなく、その発音も日本語の「あ、い、う、え、お」とほぼ同じです。英語のように母音がたくさんある言語とは異なり、学習しやすいといえるでしょう。

今日はここまで。あー、今日もよう勉強したわい。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。