booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『まさかの引き分け』って言ってもいい内容だったこの試合、ビジャ・レアルはいつもの様に中盤からのパス回しからリズムを作って、再三レーマン守るアーセナルゴールを驚かしたが、今日はFWフランコが大ブレーキ。終了間際のリケルメが蹴ったPKもレーマンにセーブされ万事窮す。残念。。。

試合終了後、ビジャ・レアルの球団社長が、「攻撃的に行く」というベンゲル監督の試合前の発言をちょっとだけ批判し、悔しそうに話していたのが印象に残りました。それだけアーセナルは守備に追われていた試合でした。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif







スポンサーサイト
後半途中からしか見れなかったけど、健闘してたみたいだね、ビジャ・レアル。でも、余りいい結果ではないかも。なぜならチャンピオンズリーグでのアーセナルは守備のチームの印象が強いから、アウェーでも無失点で守りきる可能性が高い気がする。第2戦でアーセナルが先制でもしようものなら、間違いなく逃げ切るね。このため、ビジャ・レアルは守備に気をつけなくてはならず、受け身になってしまう気がする。これはボールキープからの攻撃を売りにするチームスタイルにマッチしてないから、やりずらいハズ。

なんとか勝ってほしいけど、なんかアーセナルに運がアル気がする。。。何となく。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif







勝ったなー。予想通りビジャ・レアル勝ったよ。
注)前回の記事で予想してたので満足げ。

他に言うコト無し。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif








今日、久しぶりにチャンピオンズ・リーグの試合を観戦する時間が取れたので、ワインを片手にインテル・ミラノVSビジャ・レアルを楽しみました。結果は2-1でホームのインテルが勝利。ただし、その内容は五分五分でした。

言いたい事はたくさんあるのですが、まずインテル。久しぶりに彼らの試合を見ましたが、チームの体質が昔と全く変わっていないことに驚かされました(笑)。相変わらずの個人主義サッカー。善し悪しは別にして、面白かったです。ただ、残念だったのは、フィーゴが負傷で出られなかったのと、先発したレコバが早々に負傷退場してしまったこと。レコバの意外性溢れるプレーをもっと見たかった。サネッティはゲームキャプテンとして、右サイドバックで先発。前半は再三のオーバーラップで大いに試合を盛り上げていました。あのドリブルはスゴいの一言。しかし、後半、右サイドMFにポジションを変えると全く機能せず、試合から消えてしまいます。

ビジャ・レアルに関しては特に言うコト無し。というのも、アウェーにもかかわらず、自分たちの持ち味であるリケルメ、セナを中心とした中盤でのパス回しでアル程度中盤を支配。アウェーゴールとなる1点もマークし、第2戦に期待できる内容でした。

自分の予想では間違いなくビジャ・レアルが準決勝進出します、ハイ。

反論待ってます(笑)。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif








なんとかホームでレンジャースと引き分けたね。これでベスト8進出だよ。やっぱりリケルメ入るとまったく別のチームになるね。フォルランは相変わらず外しまくってるけど。

あとバルサもチェルシーと引き分けてベスト8に残ったし、これで明日レアル・マドリッドがアーセナルに逆転勝ちしたら、スペインから3チームになるね。やっぱり充実してるのかな、リーガ・エスパニョーラ。

それにしてもロナウジーニョの得点シーンはすごかった。ドリブルで突進して、相手DFテリーなぎ倒してシュート決めてた。ロナウドも見習ってほしいね、あの迫力。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スペイン・リーグ第18節が各地で行なわれ、ホームのビジャ・レアルはレアル・マドリッドと0-0で引き分けた。

リケルメに期待していた自分としては、ウーン、といったため息が漏れそうな、消化不良な試合を展開。

ビジャ・レアルは、珍しくFWホセ・マリが好調。逆にストップをかけたのが、相棒のFWフォルラン。何度かあった絶好機を決められず。リケルメは可もなく不可もない出来だったが、輝いたのは、前半20分に見せたドリブル、ワンツーからシュートを放ったプレー。

レアル・マドリッドにとっては、FWロナウドが負傷退場する以外は、まずまず。代わりに入ったシシーニョも右MFとしてミチェル・サルガドと初コンビを組み、初戦としては無難な出来。DFウッドゲートも先発復帰し、セルヒオ・ラモスと中央を守りきった。

この試合で一番いい出来だったのが、ジダン。コンディションが目にみえて良くなっていた。彼が復活するなら、レアル・マドリッドにも優勝争いのチャンスが出てくるだろう。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スゴくついてる、ビジャ・レアル。UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、ビジャ・レアルはスコットランドのレンジャースとの対戦が決まった。

ハッキリ言ってツイテル。こりゃひょっとしたらひょっとするかも。

ま、2月までのお楽しみってことで。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






やはり強い。ビジャ・レアルはUEFAチャンピオンズリーグでの好調を維持し、レアル・ソシエダに3-1で快勝、暫定3位に浮上した。

先日のリール戦で得点したグアイレが2得点の活躍。リケルメもだめ押しの3点目をマーク。一方、レアル・ソシエダはトルコ人FWニハトが奮闘。前半4分の見事な先制点のほか、再三ビジャ・レアルの守備陣を混乱させた。

ビジャレアルの好調の原因は、リケルメ、セナを中心とした中盤の構成力と守備の固さ。先日のバルセロナ戦も不運な失点がなければ、と悔やまれる。

故障していたフォルランもグアイレの2点目につながるシュートを放つなどまずまず。ベストメンバーに近い布陣でプレーできており、これからがますます楽しみだ。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif








UEFAチャンピオンズリーグ予選第6節が行われ、ビジャ・レアルはリールを1ー0で下し、堂々の1位突破を果たした。どのチームにも決勝トーナメント進出の可能性があるという激戦となったグループD、その影響からかどちらも点を取りに行く姿勢がみられたこの試合は非常に見応えがあった。

ビジャ・レアルはボランチのセナが安定したプレーぶりで中盤を支配。リケルメも相変わらず。収穫は右サイドに入ったグアイレ。非常にバランスが取れているプレーヤーで、今後レギュラーの可能性大。一方、久々の出場となったフォルランは元気がなく見せ場がまったくなかった。彼の活躍なしには決勝トーナメントは厳しい。

一方リールは非常にバランスの取れたチーム。アウェーにもかかわらず攻撃的姿勢を見せてくれた。ポスト直撃を含め、チャンスは十分にあったが残念。

今大会にはバルセロナ、レアル・マドリッド、ビジャ・レアルの3チームがスペインから決勝進出を果たしたが、ハッキリ言ってビジャ・レアルの方がレアル・マドリッドより調子はいい。ビジャ・レアルが台風の目になる可能性は大きい。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif







昨日のスペインリーグのビジャ・レアル VS バルセロナの試合の記事にコメントが一つも無かった。ショック。バルセロナが素晴らしいサッカーをしているのは誰にでも分かるはず。そんなときこそいいサッカーをしている他のチームに目を向けたいもの。

誰かビジャ・レアルとかリケルメ好きな人とかいたら、コメント下さいませ。他にちょっとマイナーだけどいいサッカーしているチ-ム知っている人、コメント待ってます。

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。