booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またカズがイイ事言ってるね。覗きたい人はコチラから


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
スポンサーサイト
平成18年度千葉県社会人サッカーリーグ1部第14節が各地で行なわれ、千葉教員SCはFCトキガネに6-1で勝った様です。


次節は浦安JSCと柏FCの首位攻防戦があります。楽しみですね。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
最近暇(今年に入ってから引きこもり症候群の仲間入り)なので、ネットサーフィンしています。色々なブログを拝見しているなかで、メインは『ラーメンブログ』。日本に帰ったらアレコレ食べようと禁断症状がここ2ヶ月ほど激しく、眠れない日々が続いています。オレって間違いなく日本人。


はよ日本帰って働かんといかん。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
またレアル・マドリッドが訳の分からん事をやっている。


スペインのスポーツ紙『マルカ』によると、カンテラ(下部組織)育ちのスペイン人FWソルダードをオサスナに1年間のレンタルで移籍させるらしい。


ワタクシにはまったく理解できません。折角自分のクラブで育てて来た選手を起用しようとしないのは、カンテラを持っている意味がないとしみじみ思ってしまいます。カンテラの選手はもちろんのこと、選手の育成に関わるコーチもやる気を見いだすコトが非常に難しいハズです。逆に言えば、彼らのスカウティング及び育成方法に問題があるのかもしれません。が、ソルダードはトップチームで十分活躍できる能力を持っています。それだけに?がつきます。


レアル・マドリッドにカンテラはもはや必要ないのかも知れません。首脳陣は、必要な選手は他のクラブから買えばいいと考えているに違いありません。もちろん、現在の人気はそういう方針のもと、結果を残して来たからというのも否めませんが。ある意味、クラブが大きくなり過ぎた感があります。


マドリレーニョス(マドリッドの人々)はソレで満足なのでしょうか?


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
前回の続き。


折角Yahooカテゴリに登録したのになぜかアクセス数が上がらない。。。と思ってたら、カウンター設置し忘れてました。


最悪。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
えー正直言ってグレてます。

全くアクセス数があがりません。。。








頭に来たので、テンプレート変えてみました。感想コメントあれば嬉しいです。イケてないならまた変えます。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
前回の続き。

こりゃすごい人数がアクセスするんじゃないかなーとオモッテタラ全然でした。知り合いのサイト登録時にはものすごくアクセスがあったのに。。。


どうしたYahoo!ガンバレ!


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
実は今日Yahooから連絡があり、当ブログを無事にYahooカテゴリに登録することができました。2回目の挑戦だったので喜びもひとしおです。


ここ数日中は新着サイトとして紹介されるため、このブログに訪れる人数が増えることが予想されます。アクセス数が楽しみです。


ちなみに当ブログのメインカテゴリーは、

Real Monterrey C.F.
(筆者がプレーするスペインサッカー4部リーグ所属チーム)
新・魔王通信(千葉県社会人サッカー1部リーグ所属の千葉教員SCに関する情報)

その他スペインに関する情報等です。左の『カテゴリー』から気になるテーマを選んでみてください。


是非楽しんでって下さいませ。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
ちょっと内輪ネタですいません。


なんと、新・魔王通信に度々登場しているコワさんご本人から直々にコメントをいただきました。しかも、タイトルが『コワじゃないんですけど.』。。。










え、そうなの?もう4、5年の付き合いなのに名前を間違え続けていたなんて。。。










ちょっと焦ってしまいました。本当はコアさんが正しい名前なのです。が、










ま、いいか、どうせオイシいと思ってるだろうし。


と開き直りました(笑)。


ま、コアさんでもコワさんでもどっちでもいいですよね(笑)。ちなみに私の様に反社会人化が進んでいるのを周囲に指摘されているのか、悩んでいるようです。が、大丈夫です。
注)この「大丈夫」には何の根拠もありませんよ。


僕には日本に帰っても社会人としての居場所がなさそうで。。。あー恐ろし×2。てことで僕の事を思い出して頑張って下さい。


そういや、人が知らない間に結婚なんかしちゃってるし!遅くなりましたがご結婚おめでとうございます。帰ったらちゃんと冷やかしに行きます、元井ちゃんと。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
今日、カズの日記が更新してたけど、とても大事な事を言っていたと思う。見たい人はコチラから

booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
さてさて、先日ですが、クラブの集まりがありました。


結局降格を免れたことから、どうやら今年もチーム存続の方向で行く様です。去年の出資者が「今年こそ!」と意気込んでいるのですが、会合に顔を出してびっくり。去年と変わらぬ顔ぶれが揃っています。最後の方は来なくなった生意気なペリ・ジョナサンのコンビ、そして、ぎゃーぎゃー口だけイッチョマエの若者ゴンサロもしっかり来ており、一気にやる気がそげました。こいつらは去年散々監督をイジメ、結局辞めさせた最大の原因です。なかなか意地悪な奴らで、私のことも東洋人(スペイン語で「chino」)ということで散々イジメてくれました。ただし、ワタクシも黙ってはいない性格なので、つたないスペイン語でいつも反撃してましたが。こんな連中とサッカーやって勝てる訳がない。今季新しく就任した監督がその辺をあらかじめ把握してくれればと切に願っています。


8月から正式に練習が始まり、リーグ戦が開幕する9月迄には登録選手を確定する様です。いわゆるセレクション期間にあたり、プレシーズンマッチと呼ばれる練習試合を数試合組んで、その中で監督が認めた選手と契約していくのです。スペインのクラブではごく普通に行なわれており、ダメなら他のチームを探さなければいけません。ワタクシの場合、ホントはチームを変えたいのですが、移動手段がチャリということもあり、近所である程度のレベルでやれるチームがココしかないのが玉にキズ。


問題は、このチームはお金がなく、良い選手が集まらないということです。ていうか他ではプレーさせてくれないレベル、もしくは素行に問題のある選手達ばかりで、みんな他のチームに行こうにも行けない連中ばかりなのです。もちろん、良い人達もいるのですが。。。ホント、口と態度だけはイッチョマエの若い奴らが多い!あー思い出してまた腹立って来た(笑)。ちなみに僕が最年長です。


こいつら落としてくれんかな、マジで。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
平成18年度千葉県社会人サッカーリーグ1部第13節が各地で行なわれ、千葉教員SCはTATSUSHOに4-1で勝った様です。首位の国際武道大がまた負けたみたいで、ホントにレベルが均衡しているようです。それにしてもFC.Serpienteの11-0ってすごいな。また人数揃わなかったのかな?

しかし、去年から浦安JSCが急に強くなってるのは伊達ではありません。何か理由があるのかな?


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
これは、千葉県社会人サッカー1部リーグに所属する千葉教員SCの試合結果等をお伝えするカテゴリーです。『魔王通信』として公式HPもあるのですが、担当者のカトーちゃんが仕事の激務に耐えられない模様なので、やむなくなぜか海外で反(半でもよい)社会人生活を営むワタクシが内部情報を基に書いています。


こんな生活してていいのかな?


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
ジダンの会見があったみたいで。ほんと、イタリアはクソだな(失礼)。ありゃ脳みそから腐ってる。マテラッツィといいデ・ロッシといい、やってないわ、そんなつもりはなかったなどと平気で嘘をつくこいつらはダメダメだ。ただただ嘆かわしい限り。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
筋肉男背番号『4』に言われるまで全く気付きませんでした。そういえばあったな、この大会。


FC町田ゼルビアのHP
に詳しい情報が載ってて、久々にメンバー確認しました。大分変わってるなー、メンバー。矢口頑張ってるんか?あと、タクマ。坂本くんもあの『パンチの坂本』ならそうだ。サイドバックやってるの?彼スゴくウマいの覚えてる。


キーパーはイタバちゃん?前日飲み過ぎたのでは?しかし、FC町田ゼルビアのブログでは彼の好セーブぶりがまるでW杯の川口の様に語られています。やるときゃやるね。某メーカーのジダンこと五十嵐氏はトレーニング不足か?


気になったのはタムさん、小中ちゃん、そして金森。怪我でもしてるのでしょうか?


峰さんも健在そうで何よりです。


きっと他の新メンバーも頑張っているのではと思います。是非千葉教員を踏み台にして上を目指して下さい。そういう若い人達の意欲・向上心があってこそです。


コワさんはどうしたの?それが一番のネタなんだけど。。。あと、やまさんと健太郎さんは完全にコーチとしてやってるんでしょうか?アサヒさんもいないし、久保田社長も。。。社長はもう金払わないとプレーしてくれないかもね(笑)。


試合後は熱いミーティングがあったとのこと。正直、若いメンバーにかかってます。誰にも気なんて使わないで思いっきりやりたい事をグラウンドで表現して下さい。タクマなんか誰も止められないよ、その気なら。



あとは金森、お前次第だよ。



追伸
コチラのフォトギャラリーにその模様が写真で載ってます。あ、ショウヘイ!オマエ斉藤っていうのか。知らなかった。。。


相手のFWデカイな。ありゃ矢口でも届かなかっただろうな。


それにしても矢口がキャプテンか。。。そういや顔が精悍になってると思った。『元井魂』の後継者だけあるな。あと10年はイケルな。


しかもコワさんしっかりいるじゃない!!!名前間違えられてますよ、相変わらず美味しいですね(笑)。あと、11番の彼も見た覚えがあります。


そして、あ、俺の13番取られてるじゃない!宮内くん!?もう帰るところが無くなってしまいました(笑)。。。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif
一番勝って欲しくないイタリアが勝ちました。しかも、デ・ロッシがPK戦でキッチリ決めている姿にはガッカリしました。

それにしても不可解なのがジダンのヘッドバッド。何があったのか知りたいですよね?

さらに、トレゼゲの無責任PKにも閉口。。。ドメネク監督が唯一間違えた決断だったと思う。彼には何も任せる気がしないのは俺だけか。。。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






今日、湯浅健二さんのブログ内の中田英寿引退についての記事を読んだけど、非常に興味深かったので読んでみて下さい(『トピックス』から入って7月3日付の記事)。


彼のサッカー論はいわゆるドイツでのライセンス取得時の経験に基づいたもので、ヨーロッパでサッカーに携わったことにある人ならナルホドと思わせる発言が非常に多いので、興味のある方は他の記事も是非チェックしてみてください。個人的には試合のレポートより、ドイツサッカー協会の方々とのインタビューが興味深いけど。


その記事の中で、まさに日本のサッカーに足りないものが、中田英という、これまたヨーロッパのサッカーを知り尽くした彼に関連づけて書かれていました。非常に分かり易かったし、共感する部分がありました。


話の内容は、簡単に言うとまさに今日本で問題になっている「仲良しグループ」からの脱却が必要だと言うこと。昔日本代表キャプテンだった井原選手もグラウンドに入ったら性格が変わったと自分のことを語っていたが、サッカー選手として大成するには非常に重要な要素。これは、サッカーでは自己主張のぶつかりあいがチームを進化させるというポジティブな意味ととらえてもらいたい。


日本で良く見かけるのが、年上を気遣いながらプレーをする若者や、ミスをしても「ドンマイ」などと相手を傷つけない、優しく接する姿。これは他の国にはない日本独自のの大切な×2文化から来ているもの。だから、これを否定する事はないし、逆に守って行かなくてはいけない。しかし、サッカーではマイナスな面が多いし、本当に苦しい時にこれでは勝てない。すべてが妥協の産物だからである。


グラウンドで起こっていることはその時だけのことで、一歩外に出たら、切り替える能力が必要なのです。この切り替えが出来なから、普段の人間関係をグラウンドに持ち込んでしまったり、グラウンドでのミスを私生活でも引きずる。また、議論もパーソナルなことと受け取ってしまうため、不完全燃焼に終わり良い形でエネルギーが昇華して行かない。自分が正しいと主体的に判断した事を主張したり、実行に移す習慣・環境・文化が日本にはないのです。


中田英はまさにそのジレンマと戦っていたと断言できます。ダレも率直な意見を言わないし、言っても実は「アイツもこういってるから」テキな無責任なものだったり。だったらまだわがままな小野の方が好感が持てるけど。彼も大人しかったのかな、今回。


世界の釜本を見てみて下さい。どう見たってやくざだけど、ストライカーとして一番大切な『わがまま』を押し通す自信と強さがあったからこそ成功したと思う。奥寺さん(お会いした事があるので敬称で)もなかなか毒舌が強かったのが今でも印象に残ってます。そんぐらいでなきゃサッカーはダメなのです。


湯浅さんは自分で考えた言葉を使ってその必要性を説いてたけど、ポジティブで良い言葉が目につきました。言葉は非常に大切なコミュニケーションツールですから。


何より、負けないんだという闘志が欠けてます。ま、育成世代の子供達を教えるとき、「勝ち負けにこだわるな」といった考え方もあり、いつ頃から勝負を意識した姿勢を植え付けるのは難しい所ですが。若年層にとってサッカーは教育的役割を担っているというこれまたサッカーの本質とは矛盾した考えはスペインでも同じですが、現実は???といった具合に子供の頃から勝ち負けにこだわっています。ここらへんはお国柄もあり、教えても教えきれない部分なのかもしれません。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






きっと真面目な人なんだろう、と思わずにはいられない引退メッセージ。常に自分に問いただしながらここまでプロ生活を続けてきた姿勢に共感する人は多かったと思う。現役にトコトンこだわるカズとは正反対だが、勇気ある決断だったと思う。


今迄築き上げて来たキャリアの絶頂期に引退するのを見ると、どこか痛々しい。おそらく疲れきっていたのだろうと思う。現在の高収入だって捨てがたいはずだけど、気持ちが折れた状態でとても続けられなかったのだろう。


振り返ると、サッカー選手としては最高のキャリアを歩んだんじゃないかな。なので同情なんかしません(笑)。僕と違ってお金もあるし。トホホ。同世代としてはうらやましい限り。


話をW杯に戻すと、フランスが強いね。理由はジダン。ブラジル戦では今シーズンのレアルでのジダンとはまるで別人としか思えないパフォーマンスを連発していました。決勝トーナメントのスペイン戦から生まれ変わった様にプレーしていて、大ブレーク中です。彼中心のフランスもソレに合わせて調子を取り戻していて、かつての強いフランスが復活した感があります。


決勝は間違いなくドイツ対フランスです。3位決定戦ではポルトガルが勝ちます。イタリアは正直嫌いです。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。