booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも歯車があって来た。スペインリーグ第19節が各地で行なわれ、レアル・マドリッドは、ホームにセビリアを迎え、ジダンのハットトリックなどで4-2で勝利。

ディフェンスは右からシシーニョ、セルヒオ・ラモス、メヒア、ロベルト・カルロス、グティ、グラベセンのダブルボランチ、右からベッカム、ジダン、ロビーニョ、トップにバプチスタの布陣で試合に臨んだレアルは、両サイドバックがよくオーバーラップし、中盤を支配。特に、シシーニョは、ベッカムとの連携もスムーズで、持ち前のスピードで何度もゴールラインまで突破した。守備に戻りきれない時は、ベッカムがカバーするなど、レアルに新しいコンビが誕生した感がある。

ジダンも、久しぶりにロベルト・カルロスとのスムーズなパス回しを見せるなど、コンディションの回復を反映する軽快な動きを見せた。

圧巻はグティ。ジダンとのパス回しも鮮やかだが、なんといっても中盤でのキープ力が圧巻。ほとんどボールを失わなず、パスの成功率も9割以上だった。今の勢いなら、代表入りも可能だ。

ロペス・カロ監督の采配も渋かった。リードしている後半、守備的MFグラベセンに変えて、最近、結果を残しているFWソルダドを投入するなど、最近まったく見られなかった攻撃的姿勢を打ち出し、チームに勇気を与えていた。また、ロベルト・カルロスに変えて調子のいいラウル・ブラボを投入するなど、公平な選手起用。

ちょっと目が離せなくなって来た。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://booa.blog37.fc2.com/tb.php/150-9c063929
トラックバック
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。