booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーのスペインリーグ第31節が各地で行なわれ、注目のバルセロナVSレアル・マドリッドは1-1で引き分けた。

ホームにレアルを迎えたバルセロナは前半、ファン・ボメルがロベルト・カルロスと接触した際、素晴らしい演技力を発揮し、PKを獲得。これをロナウジーニョがいつもとは反対の右サイドに流し込み、先制した。

その後、PKの判定にずっと不満だったのか、ロベルト・カルロスが主審に対する暴言で一発退場。レアルは前半途中から10人で戦うハメになってしまった。

バルサがこのままペースを握り圧勝するのではと思われたその時、最近やっと調子が上がってきた(もう遅すぎるだろ、ホント)バプチスタのスルーパスをインテルへの移籍の噂が絶えないエース、ロナウドが技ありのループで決め、1-1の同点に。

その後はバルサが圧倒的なボール支配率を誇りながら追加点を挙げるコトが出ず、結局引き分けた。

結果的には、バルサの優勝がほぼ確実になったというだけで、特に面白くなかった。ロナウドが同点に追いついたときは盛り上がったけど。後はカシージャスのファインセーブが目についた程度。

バルサはモッタ、プジョルが負傷退場し、来週のチャンピオンズ・リーグでのDFがいないかも。プジョルは大丈夫そうだけど。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://booa.blog37.fc2.com/tb.php/194-bc9deca0
トラックバック
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。