booa的ごきらく日記

スペイン在住サッカー大好き三十路一歩手前。ジャンルにこだわらないトーク満載。暇な人立ち寄ってケロケロ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
負けた。





バルで見ていたのだけれど、日本が3点目を失点した時点で店を出ました。。。





誰も川口を攻められないと思う。これまで散々スーパーセーブをして来たから。でも、昔からあるポカは相変わらずだった。





前半ロスタイム、失点した。日本は世界のレベルに追いついていないとハッキリ分かった瞬間。





玉田、巻の二人は最高だった。玉田はチームが最も期待していたものをもたらしてくれた。巻の必死さはテレビを通じても伝わって来た。





中田英は試合後悔し泣きしていたらしい。2度と見られないであろう姿だ。





W杯を冷静に振り返ると日本に足りなかったものが見えてくる。色々あるが、その最たるものが『スピード』だと断言できる。パススピードではない、アタッキングゾーンに入ったときの『スピード』。玉田のドリブルは今日のブラジルにとって最大の脅威だっただろう。巻を見たのも初めてだったが、大柄の割に期待を抱かせる飛び込みをしていた。ヘディングでの競り合いで惜しい場面があったのがその証拠。加地の突破も同様だ。


全て『ランニングスピード』である。試合中何度トップスピードで走れるかにすべてがかかっている。


客観的にみて、フットボールの「フットサル化」が確実に進んでいる事は間違いない。サッカーの各局面におけるプレーの質及び戦術において数年前からそう感じていたが、今でもその意見は全く変わらない。


日本にはまだ宿題が山積みだ。


booa

blogランキング参加中です。
banner_02.gif






スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://booa.blog37.fc2.com/tb.php/245-b1563047
トラックバック
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。